Biography

まついよしこ/Yoshiko Matsui
ピアノ弾き語り/Jazz Singer-pianist
5月9日 東京生まれ/May, 9th Born in TOKYO

4歳から電子オルガンを始める。加えて、小学生で鼓笛隊の小太鼓、中学生でブラスバンド部のパーカッション、高校生でコピーバンドのキーボードや、ベース、ボーカルを経て音楽に魅了される。放課後に生きる日々。
尚美学園大学短期大学部音楽学部作曲科で小森昭宏氏に師事。作曲、編曲およびオーケストレーションの基礎を学ぶ。在学中から結婚式場やレストラン、ピアノバーでの演奏を始める。バイトと練習と作品制作で寝不足の日々。
卒業後、Barklee in Japanに参加。シンセイサイザ―とコンピュータでの作編曲を始める。不健康極まりない日々。
92年あこがれのニューヨークへ。とりあえず語学を学び帰国。色々吸収。しかしとんがった青二才の日々。
97年、再度ニューヨークへ。Manhattan School of Musicでピアノクラス受講。バリーハリス氏をはじめ、ニューヨークのミュージシャンに音楽の心を学ぶ。挫折と喜びが織りなす人生を味わう日々。
帰国後、弾き語りを中心としたJazzの演奏活動を本格化。ピアノラウンジでのソロ演奏のほか、レストランやライブハウスでデュオ、トリオでの演奏も始め、2009年春、大口純一郎(ピアノ)、小杉敏(ベース)、小泉高之(ドラム)、後藤輝夫(テナーサックス)を迎えて自らのプロデュースでファーストアルバム「青空―The Heavens」をリリース。アルバムリリース後はソロ演奏のほか、デュオやトリオなど様々な編成での演奏を続け、2013年11月3日、ピアノ弾き語りソロアルバム『Time Alone』をリリース。2015年3月から杉山茂生(ギター&ボーカル)とのブラジル音楽デュオユニットでの演奏活動を開始。表現の幅を拡張している。

「一服のお茶」のような、ほっとするサウンドを追及して主に東京都内で演奏活動中。

to be continued… as of 2016.10.22

広告